生命保険が役に立った実話

私の友人にこのような人がいました。彼は生命保険などお金をどぶに捨てるようなものだと言っていました。しかし彼は非常に荒っぽい運転をするため、なんとか保険に加入をするように私は説得しました。その結果、しぶしぶ彼は生命保険に加入したのですが、加入した翌月に、なんと彼は人身事故を起こしてしまったのです。幸いにも人を殺してしまうことにはなりませんでしたが、多額の医療費が必要になりました。しかし彼はギャンブラーであったため、貯蓄など全くなく、親にもそのような多額のお金を用意することなどできませんでした。しかし、ひと月前に加入した生命保険のおかげで、彼はその莫大なお金を準備できたのです。このようなケースはまれだと思われているかもしれませんが、実際このようなことはよくあります。いえ、このようなことがあるからこそ、生命保険に加入する必要があるのです。万が一を甘く見てはいけません。もしも彼も保険に入っていなければ、多額の借金を背負って一生を過ごす羽目になっていたのです。生命保険は家族のためだけではなく、自分のためでもあるのです。もし今保険に加入していない中高年の人がいたら、あるいは若者でも運転などをしている人がいたら、ぜひとも今すぐ生命保険に加入することをお勧めします。