生命保険に加入する際の一石二鳥の考え方

生命保険とは、簡単に言えば病気やけがをして、多額の医療費が必要になった場合、その多額の医療費を、保険会社を通して支払ってくれる制度です。あるいは、自分が死亡した際、残された遺族のために生活費や、子供の教育費などが支払われる制度です。この制度では、ただ単に生命保険というものに加入するだけではありません。一定の金額を支払い続ける必要があるのです。その一定の金額が多くの人によって支払われているからこそ、万が一が起こった際に大金をポンとその人に出せるのです。もしもあなたが、万が一が起こらなければ、保険に入るのは無駄な行為になると考えているならば、以下のように考えてみてはどうでしょうか。今もどこかで突然の不幸により大金が必要になった人が、自分が定期的に支払っていたお金のおかげで助かったんだと。このように考えれば、無駄なお金ではなく、募金のようなものでもあるでしょう。つまり生命保険は、将来の自分と家族を守ってくれ、それと同時に他の人への援助もしているのです。このように考えれば、非常に良い制度ではないでしょうか。万が一のためだけで加入するのではなく、何らかの形で他人の役に立ちたいという気持ちで加入するのもよいでしょう。