生命保険の入り方に注意しよう

生命保険に加入する際に、定期保険にすればよいのか、終身保険にすればよいのか悩むこともあると思います。そんな時には、死亡保障は定期保険、医療保険は終身保険と覚えておきましょう。死亡保障は、その人のライフプランニングをしてから算出するものとなりますが、独身か家族を持つかで保障額は異なりますし、また、ライフステージによって保障額は大きく異なります。そのため、死亡保障を終身にすることはお勧めできません。保障という意味合いで生命保険に加入するのであれば、子供を育てている間の20年間は大きめの死亡保障を付け、それ以外の期間は、少なくするか、むしろなくても良いくらいです。医療保険を終身にするべき理由は、人は病気になる可能性が大きいからです。払い方も終身払いにしましょう。60歳払い済み、65歳払い済みというタイプもありますが、医療保険の内容は、時間と共に変化します。せっかく、払い済みタイプにして高い保険料を払っていても、途中でもっと良い医療保険が出てくるかもしれません。そうなると、かえって払い済みにしていたことが割高になってしまい、医療保険の契約を変更した時に後悔をしてしまいます。早めに終身保険で加入しておき、定期的な見直しをすることをお勧めします。